2008年07月19日

ゴルフ初心者です。ネット打ちってありますよね??、あれって初心者の練習としては有効なのでしょうか??

今なら『VISAギフトカード』1,000円分を入会者全員にプレゼント


●有効だと思います。
初心者に必要なのはとにかく数を打つこと、ボールを捕らえる練習をすることだと
思いますので有効でしょう。
ただし、球筋や打球方向を見ないでいて、スイングにどこかおかしい所があるか
気付くのは難しくないですか?ゴルフは基本がすごく大事だと思うんです。ネット
打ちを繰り返した結果、フォームに変な癖が付いてしまうと修正が大変です。
練習場で球筋に応じた矯正作業を行い、反復練習の場としてネット打ちをする。
最初は苦しい練習になるはずですが、上達の喜びもひとしおですよ。


●わたしが教えれば有効ですが、あのレッスンプロがヤフーで宣伝してるレッスン打法だと開き打ちフリオクレなのでアカンです。

ももこちゃんたちもこわされてるので外国ではまけばかりですね



●あなたがおっしゃるネット打ちとは、数m先のネットに打つような短い距離での打ちっぱなしですよね?
そうならば、初心者に限らず上級者にとっても有効な練習です。

理由としては、飛距離や曲がりに気を使う事なく(真横に飛ぶシャンクは除く)、的確にフェースの芯で球を捕らえる練習ができます。
これは大変大事な事で、芯で捕らえた時の打感や音など実感できます。
距離のある練習場では、球の行き先ばかり気になりますから、打感と音だけに集中できます。
ドライバーのフルショットから、ウェッジなどでのアプローチまで、全ての距離で練習になります。

初心者ならば、まずは素振りからお勧めします。
あればゴルフマット、なければ段ボールなどでいいですがら、ドカンとダフらない程度に下をこするように練習して下さい。
下をこする事にこだわらず、リズムを大切に素振りを続ければ、大体どの辺りがスイングの最下点か定まってきます。
それが一般的に左足かかと前にボールを置けという事にあてはまるはず。(個人差ありますが)

次にネット打ちで打感や音を感じるようになってきて、芯で捕らえれば打感は軽く、音もいい音になってきます。
そうなったら、距離のある練習場で球の行き先を確認するようになればいいと思います。

長くなってしまいましたが、基本は大事です。
ボールが曲がる、うまく当たらないといったときは、基本に戻って、悪い癖を直して、ゴルフを楽しんで下さい。
いきなり普通の練習場に行くと、空振りはするは、ボールはどこに飛んで行くかわからないわで、お金も時間も無駄です。
周りの初心者は、いきなり練習場で打って、打ちのめされてゴルフが嫌いになる傾向が多いです。

まずは素振りでスイングを固めて、それをネット打ちで試してみて、最後に普通の練習場で確認作業。
飛ばしはゴルフ場でのラウンドまで取っておきましょう。

ゴルフは楽しいですよ〜
あなたの充実したゴルフライフを祈念します。

posted by アフアク3 at 10:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。